心の病の種類について

看護師

種類が多い心の病

心の病における精神病は、その数において種類が多い特徴があります。心から現れる病気でもあり、心が体に影響を与える場合もあれば、体が心に影響を与える場合もあるためです。そのため、独断偏見で自分自身で診断するのでは無く、精神科や心療内科など専門的な機関で診断を仰ぐのが大切です。一般的に患いやすい病気とされているのが、神経症です。神経症は、言葉として一言で表されていますが、神経症の中でも様々な神経症があります。神経症の中でも引き起こされやすいのが、躁うつ病、社交不安障害、正常な判断が出来なくなる心気症が挙げられます。パニック障害なども神経症の一つとされているのです。躁うつ病における精神病は、自分自身に対して危害を与える強い刺激を避けたい考えなどから現れやすくなります。内面に意識を向けている中で、刺激に対して強い攻撃的な考えが芽生える中、攻撃的な強すぎる性格が現れやすくなります。その結果、社会に適応するための心のバランスが崩れ、社会適応不安障害を患ってしまう場合もあるのです。精神病の種類の特徴の中には、一つの心の病が複数の障害を引き起こしている場合もあります。統合失調症と呼ばれる言葉は、犯罪などのニュースで取り上げられる場合もあるでしょう。人の意識は、普段、瞬時に必要である情報と不必要である情報の取捨選択を行い、必要な情報を意識に上げる仕組みがあります。ストレスを抱えている場合は、ストレスに対応するために、普段必要ではない刺激を、必要だったと判断をし意識にあげなければならない場合もあります。意識では、一般的な考え方と逸脱した考え方が現れやすくなったり、混乱したりするなど社会に適応できなくなってしまう場合もあるのです。精神病などの心の病は、肉体的な痛みが生じにくいため、自分の中で気づきにくい特徴があります。ただし、心の病であるため生活上に変化が現れやすく、自分自身の診断としてセルフチェックポイントを押さえておける場合もあるのです。ストレスを抱える中で生じやすい精神病は、睡眠に関わる変化が顕著に現れやすくなります。ストレス状態は、自分自身の周りの環境に危害を与える存在がいると、無意識に心身が反応を引き起こしているのです。睡眠時は、無防備の状態であり、最も危険な状態だと心身が勝手に考えるのです。そのため、いつでも起きられる様に、半覚半睡状態となり、些細な音でも直ぐに目が覚めてしまう場合もあります。もちろん、身体は完全に回復していないため、疲労感は強く残り、起床時に起きられなくなってしまう場合もあるのです。こ様な診断においては、一緒に生活を送られている方も、その変化に気づかれる場合もあるでしょう。精神病を患っている中には、不潔になりやすく、部屋の様子が散らかりやすい特徴もあるのです。不潔においては、能動的な考えが弱くなるため、行動的な考えに抑制が働きやすい理由などもありますが、それだけではありません。体を汚させる事で、外から入ってくる刺激を弱らせ、心身を守る防衛反応とも呼べるのです。毎日行なっている入浴や、歯磨きなどに対して、強い抵抗感が現れたらば危険信号だと診断するのもポイントです。自分自身の生活環境の中に、問題を解決しにくいストレスを与える要因があるかもしれません。刺激を避けたい気持ちは、猫背にもなりやすく、心身に歪みが現れやすくなる特徴もあり、その診断についても頭の片隅に入れておくのが大切です。

医者

家族が治療を支えて

精神病を認めたがらない人は多いですが、家族は受診すれば楽になることを伝えて医療機関に連れて行ってあげたいところです。でも精神病は診断が間違うことが珍しくないため、光機能画像検査など客観的データが取れる医療機関を選ぶといいかもしれません。

詳しく見る

ハート

病気かどうかの判断材料

双極性障害や統合失調症などの精神病は明確な定義がありませんが、診断では国際的な診断基準を用いられることが多いです。医療機関は精神科や神経科、精神神経科などを受診します。長い付き合いになるので、立地や医師との相性も考えたいところです。

詳しく見る

カウンセリング

心の不調を診てもらうため

精神病かもしれないと不安になっているのなら、精神科か心療内科のドクターの診察を受けて、はっきりと診断してもらいましょう。評判がよくて通いやすいクリニックを見つければ、例え精神病だったとしても安心して治療を受けられます。

詳しく見る

人気記事

医者

家族が治療を支えて

精神病を認めたがらない人は多いですが、家族は受診すれば楽になることを伝えて医療機関に連れて行ってあげたいところです。でも精神病は診断が間違うことが珍しくないため、光機能画像検査など客観的データが取れる医療機関を選ぶといいかもしれません。

詳しく見る

ハート

病気かどうかの判断材料

双極性障害や統合失調症などの精神病は明確な定義がありませんが、診断では国際的な診断基準を用いられることが多いです。医療機関は精神科や神経科、精神神経科などを受診します。長い付き合いになるので、立地や医師との相性も考えたいところです。

詳しく見る

カウンセリング

心の不調を診てもらうため

精神病かもしれないと不安になっているのなら、精神科か心療内科のドクターの診察を受けて、はっきりと診断してもらいましょう。評判がよくて通いやすいクリニックを見つければ、例え精神病だったとしても安心して治療を受けられます。

詳しく見る